かわいいちゃんとのぼちぼち日記

2015年3月生まれの長女、2017年10月生まれの次女との日常をぼちぼち書き留めたいと思っています。 Twitterもやってます→https://twitter.com/kokokotaki913

カテゴリ: 二人目についての話題

こんにちは、こたきです。
タイトルの通りまだ産まれてません。

昨日は40w1dの健診でした。
推定ではありますが赤ちゃんも3400gになり、もう本当にいつ産まれても!寧ろサイズ的にそろそろよろしく!って雰囲気です。

でも午前中の健診でガッツリ内診をされ、
子宮頚管熟化剤という産道を柔らかくする注射もされ、そのおかげかある程度兆候も出始め、お腹の張りも厳つくなってきて、本当の本当にいよいよだなと思い始めました。

そんな昨晩。

[画像:ef84062b-s.jpg]


不定期にですが生理痛のような痛みがあり、
少しずつ程度も増してきたので、夫にも伝えてもろもろの準備をし始めました。


[画像:ac5152bd-s.jpg]

入院の準備はしてあるんですが、出来ることならやっておきたい日常生活の後始末があったのでこの後の流れを考えながら色々と頑張りました。


私のイメージでは、

痛みの少ないうちに寝る

夜中の3時頃痛みで目が覚める

痛みの間隔も短くなっている

実家の母に娘を託して病院へ…

って感じで、

[画像:d11286ff-s.jpg]

そうしたら、

[画像:4636cc3a-s.jpg]

朝の7時にすっきり目が覚めました。

久々によく寝た~~~~!!!

ってあれ~~~???


痛みはどこかに去っていました。

2時間は続いていたのに前駆陣痛だったみたいです。
娘の時は前駆陣痛はほとんど無かったので、こんな感じなんだ!?騙された!と愉快な気持ちになりました。


昨日の頑張りのお陰で洗濯物も食器もオモチャもすっかり綺麗に片付いており、朝の家事も何もする事がないのでお茶を飲みながらこれ書いてます。最近アールグレイが美味しいです。

今晩は、こたきです。
ついに、ついに先日、

[画像:c8ed2019-s.jpg]

10ヶ月ですー!!!
臨月!!!
両親学級でやったお産のイメトレを真似して
娘が背中をさすってくれます!

でも36週なので「いつ産まれてもOK」な時期まではあともう少しです。臨月と正産期ってややこしいですよね。最近はお腹が少し下がったのか、日中前よりいくらか動けるようになって、そのお陰か夜眠れるようになってきました!嬉しい!

スタジオ撮影じゃなくていいから娘と大きいお腹の写真を撮るぞ~と思っているのになかなか実行出来なかったので、調子のいいうちに撮っておきたいです。

[画像:ed77de3e-s.jpg]

さて、妊娠生活もあとわずかとなった今、不安なことが一つあります。
それは娘の出産時にあったトラブルが今回もまた起こるんじゃないかと言うこと。

[画像:4ef52c50-s.jpg]

赤すぐさんの連載で詳しく書かせていただいたんですが前回は産んでからの出血が2リットルと、なかなか多めでした。
(赤すぐさん記事一覧→https://akasugu.fcart.jp/taikenki/archive/category/%E3%81%93%E3%81%9F%E3%81%8D)

原因は不明でしたが、次回も出血が多くなるかもしれないと言われていてどうなることやら…と考え出すと止まりません。


思い起こすと娘がまだ0歳前後の頃、夫とこんな話をしたことがありました。

[画像:52f2aad7-s.jpg]

娘は3月生まれのため2歳差でのきょうだい妊娠タイミングは光速で過ぎ去ったので、二人目に関してはまあまあのんびり考えていました。

[画像:1c649627-s.jpg]
[画像:3c2a413f-s.jpg]


そんなある日の会話でこんな話になり、
あの時は本当に怖かった、と言う夫の本音を聞きました。

それは勿論私も不安に思っていたことでしたが、元々計画していた二人目を迷うくらい夫もあのトラブルを真剣に受け止めていたようです。


その後もちょいちょい話し合いをして、お互い納得した上で今臨月を迎えている状況ですが、
納得していれば不安が無いわけじゃないので悩ましいです。

でも事前に緊急時用の点滴の針を刺しておいてもらうお願いをしているし、出来る限りの準備をして不安を取り除いて挑もうと思っています。

そういえばコウノドリの2期も楽しみですね!
いいドラマですが絶対ハラハラするので私は録画しておいて産んでから見ます!(笑)

おはようございます、こたきです。

この間妊娠8ヶ月になりました。
安定期も終わってもう妊娠後期です。

安定期なんてあってないようなものと言いますが、その優しい言葉の響きから離れるのが寂しくもあり嬉しくもあります。

image

娘もすっかり「ママのおなかに赤ちゃんがいる」と言うことに慣れた様子で、最近はおなかをしばらくの間触って胎動を待ってくれたり、「赤ちゃん出てきたら、○○(娘)が赤ちゃんのおむつくんくんってして、ママがにおむつ替えて~って言うね!」とお世話する話をしてくれたりします。

image

微笑ましいし、赤ちゃんを受け入れてもらえた感じがして嬉しいんですよ~。

急かすことは言ってないのに娘もお姉ちゃんになる準備をしてくれてるんだなあ、と思いました。


そんなある日の寝かしつけの時の話です。

娘が赤ちゃんの話題を振ってくれました。どんな話かな~と頷きながら聞くと、

image

image

image

赤ちゃんが産まれたら!!!!

お外で寝るのか!!!
トイレで寝るのか!!!!

聞かれました!!!!!!!



究極の二択…選ぶならトイレだけどそんなことって…


恐らくですが娘は、「ママのおなかに赤ちゃんがいる」のは理解したけど「ママはその赤ちゃんのママでもあって、赤ちゃんはこれからずっと家族として一緒に暮らす」ってとこまでは理解してないんですよね。

二歳だし当たり前です。

産まれてからの生活なんて私だって想像出来てないし。


そういえばこの話の前に「おなかの中に、赤ちゃんと赤ちゃんのお母さんがいるの?」っても聞かれていました。

それについて説明は出来るけど本当に分かってもらえるのは産まれてからで、そして多分娘にとっては寂しい気持ちを伴っての実感になるのかな…って…想像すると悲しくなるのでやめますね!!!!

可愛い赤ちゃんがこれからずっとお家にいてくれるんだ嬉しーい!ハッピー!!ってな具合に実感してもらえるよう善処します。

image

一応さらっと訂正しておきました。

夫はカプカプ笑っていました。


それにしても二歳児の発想はすごいですね!!!
大人になったら話してあげようと思いました。


こんばんは、こたきです。

image


サムネイルの通り、今日の健診で性別が分かりました~!そろそろ分かる時期だねと担当医に告げられてから三度目の正直でした!

長かった~~~
今日も朝イチで健診受けてきました。

image


おなかの子は順調に育ってました。
娘の時も同じ妊娠週数・日数で健診があったのですが娘はこの頃850グラムだったので、娘と比べると大きめです。
でも娘はずっと小さい小さい言われてたのでこれくらいが標準なのかもしれません。

そして肝心の性別ですが!

image


おなかの子も女の子みたいです!
うぇーい!!!姉妹!


image


これは地味に衝撃でした…
前回の健診と先生が違うわけじゃないのに…
前回「性別は見えないですね~」って言ってたのに…

確定じゃなかったから伏せてくれたんだと思いますがカルテに書けるくらいの印象だったなら知りたかったな?この三週間、一日に三回は「性別どっちかな?」って思っていた気がします。

でも多分娘も全く同じ週数・日数の健診での性別判明だったので、むだに運命的な感じがして悪くないです。

今日も言われましたがやっぱり女の子の診断は男の子に比べると「産まれるまで本当に女の子か分からない」部分があるみたいですね。隠し持ってる的な。

image


娘そっくり(そして夫そっくり)の女の子が産まれる気がしまくります。

性別、どちらでもいいなと思ってはいましたが男の子だったら「男の子は母親に似る」説の検証が楽しみだったのでちょっと寂しい気持ちが…。
でも姉妹も絶対かわいいのでそれはそれこれはこれでとっても楽しみです。お下がりしまくれるし。お揃いのお洋服も買おう。

と言うわけで性別のご報告でした~!
読んで下さってありがとうございます!

ご無沙汰していますこたきです。
早いものでもう妊娠7ヶ月です~。

前回の投稿から三週間、まだ性別は判明してません。
頑なにお股を死守していて…。

男の子だったら来年用の夏物を今年のセールで買っておきたいのでそろそろご開帳して欲しいところです。


そんな今日この頃ですが、ちょうど娘に赤ちゃんがいることを告げてから一ヶ月が過ぎます。
なかなか話すタイミングがつかめず6ヶ月過ぎまで伝えられませんでした。

image

「伝えたら娘だけのママじゃなくなってしまう…」という悲劇のヒロイン的な感傷と「あと一ヶ月成長を待てば赤ちゃんに対する理解力が全然ちがうはず…」という思惑が心中入り交じっていました。

また、そろそろ話そうかな…と言う気になっても娘の機嫌が悪かったり、遊びに夢中になっていたり眠そうだったりでなかなか「今だ!」と言うシチュエーションにならなかったりもしました。

image


image


image

切り出すのはけっこう緊張しました。
伝わったのか分かりませんが「へ~」と軽く返事をして、お腹に入ってるものを教えてくれる娘。

image

そしてまさかの執刀宣言。

そうくるかー!とびっくりしました。
普通分娩の予定ですがもしもの時は医師免許のある人に手術お願いしたいです。

そしてその後は特にその話題に触れず、すんなり会話が終わって「こんなもんか」と拍子抜けしました。でもその後帰宅した夫に「ママのぽんぽん赤ちゃんいるんだって~!」と話すのを見て、ちゃんと覚えてる!分かってる!と嬉しく思いました。

一ヶ月経った今はその時より状況がよく分かってきたようです。

image


image


娘占いではお腹の赤ちゃんは女の子だそう。

最近、もしかしてこれも赤ちゃん返りなのかな?と言うような言動が出てきたのでそれについても今度書きたいと思います。