おはようございます、こたきです。

最近Twitterで『経産婦が教える本に載ってないけど産後にガチで必要だったアイテム』ってタグをよく見かけます。

熱い魂を感じるネーミングですね。

『あの日の自分に伝えたい』的な気持ちになってつい熱がこもるの分かります。


私もあります。


長女の時に使わず苦労したアイテム。


産後しばらくしてから導入して、

『もっと早く使えばよかった!!!

と後悔したアレ…何かと言うと、


1523918697252


無洗米!!!


理由は沢山ありますが、

とりあえず、

産後はお米を研ぐ時間も惜しかった。

でも米食べたい。

赤ちゃんはお米を研ぐ間にも泣くし、首が据わってない赤ちゃんを抱きながら米は研げません。

5分足らずだし、そのくらい泣いても赤ちゃんには影響ないけれど、産後の母親の脳には赤ちゃんの泣き声ってすごく響きます。ソワソワしながら『急がなきゃ~』と研ぐことになります。これが結構しんどくて。

私はお釜に入れた水の揺れが止まって水加減をきちんと確認する時間も待てず、ビミョーな柔らかさのご飯になったことが何度もあります。研ぎ足らなくてビミョーな仕上がりになったりも。


そんな時、無洗米なら水加減するだけ!


水に触らないから手も冷えないし、赤ちゃんの首が据わりかけていれば、十分に気を付ける必要はあるけど抱っこしながらでも米が炊けます。

無洗米ありがとう!ありがとう!
 
●ちなみに無洗米は値段が高い気がするけど、糠の付着がない分、同じキロ数でもお米自体の量が多く別に割高ではないそうです。

●栄養が少ないんじゃ?ってイメージもあるけど炭水化物、タンパク質の量は普通のお米と変わらず、寧ろ水で研がない分無洗米の方が水溶性の栄養が多く含まれるそうです。もっと気を遣うなら栄養豊富な胚芽米や金芽米の無洗米もあります。

●ただ、糠の付着がない分同じカップで計ると無洗米の方がお米が多くなるので、普通のお米より水を多めにして炊くことが肝心みたいです。

●この時水が白く濁るから本当に大丈夫?と思うけど、これは糠じゃなくてお米に含まれてるデンプンの色とのことです。


ちなみに私は↑のどれも気にしないで無洗米を使ってたんですが、おすすめするに当たって私の中のコメンテーターが「でも無洗米って○○なんじゃ?」とうるさいので、今検索して知りました。なので『そうです』『みたいです』と伝聞ばかりでスミマセン。

1523918691764

無洗米についてばかり語ってしまいましたが、産後って湯船に浸かれないし熟睡できないし身体はボロボロだし地味にしんどいので、ストレスの芽は潰すに限ります。寧ろ妊娠中から手間の削減しながら産後に備えて過ごしてもらいたいです。

可能なら無洗米の導入と言わず、実家に頼ったり、宅配弁当を利用したり、旦那さんに任せるのも最高ですね。

とは言え産後ほど白米が美味しい時期はないので、この機会にご飯をたらふく食べたらいいと思います。

こたきでした。