おはようございます、こたきです。

桜が!桜が!
来週は遂に長女の入園式なのですが、その頃には散ってしまうかな~。

ていうかもう来週。
名前つけしてないです。こわい。

さて。
次女が産まれて少しした頃、長女の泣きべそがすごい時期がありました。

1522445535456

ちょっとした事でも断ると…

1522445543365

即、号泣。

激昂を瞬間湯沸し器に例えることってありますが、湯沸し器よりよっぽど早いんじゃ?ってレベル。

1522445556019

まだ首の据わらない次女がいる中、「そんなことで?」と言うような不満でびゃんびゃん泣かれると辛かったです。

勿論それまでも泣くことはあったけど、泣くまでのスピードと言うか、かかるターンが短縮されまくってて動揺しました。

それこそ、「ママとお風呂入ろ~」→「まだ遊ぶ」→「じゃあ後からパパと入る?」→「やだママと!!!(泣)」みたいな。全然怒ってもいない、普通の会話なのにもう泣いちゃう?もう少しやり取りしない?って思うこともしばしば。

ちなみに泣いたあとに「おっぱい触りたい…」って言うのは今もあるんですが、この頃は産後で胸が張りやすくて、触られると母乳出るからご遠慮願いたかった時期です。

タイミング悪く次女とダブルで泣かれた時は「わっすごい」とこっそり動画を撮ってみたり。でもそうやって俯瞰して見ないと、カッとなってしまいそうでした。


そんな日々がしばらく続いた時、

1522445565519

って、頭の中で言葉にしてみて、
泣くことが問題解決の手段だった、赤ちゃんの長女のことを久しぶりに思い出しました。

1522445587395

あ、長女この間までそうだったわ

私は「泣くしか出来ない次女がいるのに、喋れる長女まで泣いて要求を通そうとする」と立腹していましたが、長女にしてみたら「妹は泣けばあれこれしてもらえるんだし、私も」って話だったかもしれません。

私なりに長女の思考をイメージ出来て、少し楽になりました。

まあその気付きで劇的に長女の号泣が無くなるわけじゃないのですが、育児における困難はしばしば時間が解決してくれるわけで。

1522445603852

いつの間にか長女は「条件つきで交渉する」と言うスキルを得ていました。

こう言ったにも関わらずご飯が食べ進まないことも勿論ありますが、それを引き合いにして次の交渉が出来るので一方的に泣かれるよりずっと助かります。

それにしても、いつまでも赤ちゃんじゃいられないのって本当つらいよなあと思いました。

こたきでした。