おはようございます、こたきです。

この間妊娠8ヶ月になりました。
安定期も終わってもう妊娠後期です。

安定期なんてあってないようなものと言いますが、その優しい言葉の響きから離れるのが寂しくもあり嬉しくもあります。

image

娘もすっかり「ママのおなかに赤ちゃんがいる」と言うことに慣れた様子で、最近はおなかをしばらくの間触って胎動を待ってくれたり、「赤ちゃん出てきたら、○○(娘)が赤ちゃんのおむつくんくんってして、ママがにおむつ替えて~って言うね!」とお世話する話をしてくれたりします。

image

微笑ましいし、赤ちゃんを受け入れてもらえた感じがして嬉しいんですよ~。

急かすことは言ってないのに娘もお姉ちゃんになる準備をしてくれてるんだなあ、と思いました。


そんなある日の寝かしつけの時の話です。

娘が赤ちゃんの話題を振ってくれました。どんな話かな~と頷きながら聞くと、

image

image

image

赤ちゃんが産まれたら!!!!

お外で寝るのか!!!
トイレで寝るのか!!!!

聞かれました!!!!!!!



究極の二択…選ぶならトイレだけどそんなことって…


恐らくですが娘は、「ママのおなかに赤ちゃんがいる」のは理解したけど「ママはその赤ちゃんのママでもあって、赤ちゃんはこれからずっと家族として一緒に暮らす」ってとこまでは理解してないんですよね。

二歳だし当たり前です。

産まれてからの生活なんて私だって想像出来てないし。


そういえばこの話の前に「おなかの中に、赤ちゃんと赤ちゃんのお母さんがいるの?」っても聞かれていました。

それについて説明は出来るけど本当に分かってもらえるのは産まれてからで、そして多分娘にとっては寂しい気持ちを伴っての実感になるのかな…って…想像すると悲しくなるのでやめますね!!!!

可愛い赤ちゃんがこれからずっとお家にいてくれるんだ嬉しーい!ハッピー!!ってな具合に実感してもらえるよう善処します。

image

一応さらっと訂正しておきました。

夫はカプカプ笑っていました。


それにしても二歳児の発想はすごいですね!!!
大人になったら話してあげようと思いました。