かわいいちゃんとのぼちぼち日記

2015年3月生まれの娘との日常をぼちぼち書き留めたいと思っています。 Twitterもやってます→https://twitter.com/kokokotaki913

2017年07月

こんにちは。
今日は久々にTwitterでの過去絵の再掲記事です。

本当はもっとハイペースで過去イラストもアップしたいんですが記事にしようとするとなかなか難しくて…。

少しでもやる気を出すため仲良しのママ友、いなむらさん関連のイラストをまとめます。
Twitterにあげたものなのでブログだと細かすぎて見づらいかも…。

クリックするといくらかマシに表示されますが、私の一方的なラブレターみたいなもんなので読んで得することは何もないような気がします。

image
↑これは去年の春いなむらさんと野毛山動物園にお花見しに行ったときのこと。

image
↑これはいなむらさんちに遊びに行ったときのこと。


image
↑これは去年の夏、いなむら家が北海道旅行に行った際蟹をおつかいして送ってもらった時のこと。差出人ノーニちゃん、宛名が娘でかわいかった。


image

image
↑これは引っ越して遠方になってしまった私の家に、いなむらさんとノーニちゃんがはるばるお泊まりに来てくれた時のこと。

image
↑これはノーニちゃんの愛らしいエピソードを勝手に漫画にしたもの。

image
↑これは今年の4月に都内まで行って遊んだ時のこと。


色々書いてたつもりが思ったより少なかったです。
もっと沢山遊んでいたのに!

でも遊ぶ度にレポート書かれると言うのはいなむらさんの身になって考えるとちょっときついものがあるので、この程度でよかったかもしれません。それでも十分多いけど。

いなむらさんとはTwitterで知り合って、住んでる地域が割と近い&子の月齢も近いこともあって娘が9ヶ月の時に会ったのがきっかけで親しくなりました。

支援センターでもなかなかママ友が出来ない私がこんなに打ち解けられたのは、お互い週刊少年ジャンプを毎週読んでいて「僕のヒーローアカデミア」と言う漫画にハマっていたのが大きかったように思います。

ちょうど人気投票の結果が本誌で発表された頃で「オールマイトが4位だなんて納得いかない!!」と言う話が出来たとき、一気に大好きになりました。


支援センターでもハンターハンター再開したね!とか今週のヒロアカぐっときた!とか鬼滅の刃面白いよね~!とか語れたらもっともっと他のママさんと楽しく話せるような気がします。
漫画好きな人は「漫画好きバッジ」みたいなのをつけて参加するシステムにすればいいのに。


話がそれましたがいなむらさんとは近々また遊ぶ約束をしているので、最近はそれを楽しみに生きています!(重い)

こんにちは、こたきです。
梅雨もあけて一層の暑さですね~。

娘にとっては三度目の夏になりましたが、本当に家で過ごすのも外で過ごすのも大変な季節です。
帽子と水筒はおでかけの必需品ですね。

そんな中、物忘れのひどい私と優しい娘の話です。
その日はバスでちょっと買い出しに行こうとしていました。

image


image


image


image


必需品と書いてるくせに娘の帽子を忘れてきた私に帽子をはんぶんこしてくれる優しさと、その発想にじーんとしました。
その後もその小さな手を帽子に見立てて日除けにしてくれたり。


ちなみにバス停は家から徒歩3分ほどなので一旦取りに戻っても良かったのですが、往復するとバスの時間が微妙だったので諦めました。


こういう娘の発想や行動が優しくてかわいくて、優しさ貯金してる感覚です。いつか娘が思春期や反抗期になって「お母さんには関係ないでしょ!」などなど冷たく言われたときには思い出して励みにするんだ…。
今のうちにがっぽり貯め込んでやります。


それで、本当にひどいオチなんですがこの日は海の日で祝日だったため、いくら待ってもバスが来ませんでした…。この路線は日曜・祝日は運休なんですが夫が普通に出社だったので祝日なことをすっかり忘れてしまっていて…。


仕方がないので近くのスーパーでおつかいをして、娘が500円くらいの小さいおままごとセットをねだってきたのでお詫びの印に買って(普段は絶対買わないけど)、家に帰りました。

今からこんな調子じゃ、二人目の産後の物忘れが怖いです。

こんばんは、こたきです。

image


サムネイルの通り、今日の健診で性別が分かりました~!そろそろ分かる時期だねと担当医に告げられてから三度目の正直でした!

長かった~~~
今日も朝イチで健診受けてきました。

image


おなかの子は順調に育ってました。
娘の時も同じ妊娠週数・日数で健診があったのですが娘はこの頃850グラムだったので、娘と比べると大きめです。
でも娘はずっと小さい小さい言われてたのでこれくらいが標準なのかもしれません。

そして肝心の性別ですが!

image


おなかの子も女の子みたいです!
うぇーい!!!姉妹!


image


これは地味に衝撃でした…
前回の健診と先生が違うわけじゃないのに…
前回「性別は見えないですね~」って言ってたのに…

確定じゃなかったから伏せてくれたんだと思いますがカルテに書けるくらいの印象だったなら知りたかったな?この三週間、一日に三回は「性別どっちかな?」って思っていた気がします。

でも多分娘も全く同じ週数・日数の健診での性別判明だったので、むだに運命的な感じがして悪くないです。

今日も言われましたがやっぱり女の子の診断は男の子に比べると「産まれるまで本当に女の子か分からない」部分があるみたいですね。隠し持ってる的な。

image


娘そっくり(そして夫そっくり)の女の子が産まれる気がしまくります。

性別、どちらでもいいなと思ってはいましたが男の子だったら「男の子は母親に似る」説の検証が楽しみだったのでちょっと寂しい気持ちが…。
でも姉妹も絶対かわいいのでそれはそれこれはこれでとっても楽しみです。お下がりしまくれるし。お揃いのお洋服も買おう。

と言うわけで性別のご報告でした~!
読んで下さってありがとうございます!

おはようございます、こたきです。

さて、今日は前回の記事で少し触れた娘の赤ちゃん返りのような行動についてです。

思い起こすと妊娠が判明したのは2月だったのですが、まだ夫にしか伝えてない頃に娘がやたら甘えたがりになった時期がありました。

image


一日に何度か急に「ママ~!」と呼びながら駆け寄ってくるというもので、ぎゅっと抱きついてもらえるのはすごく可愛かったです。今はもうやらないのですが、一ヶ月はこのブームが続いた気がします。

検索をかけると『小さなこどもは自然とおなかの赤ちゃんに気付く・妊娠を予知する』的な嘘か真か分からない神秘的な話が多数ヒットすることもあり、私としてはこの頃たくさん甘えてくれたのは娘の第6感が働いた説を推しています。
冷静に考えるとただそういう気分だっただけかもしれませんが、時期が重なっていたのは確かだし、そう考えるとなんだか楽しいのでそう言うことにしています。

胎内記憶についての体験談も読むと楽しいですよね!娘にもいつか聞いてみたい!でも信じやすいのでスピリチュアルな話は楽しいものだけほどほどに嗜みたいです。


話がそれましたが、妊娠初期にはそんなことがあった娘の最近の赤ちゃん返りっぽい行動の話です。

お腹に赤ちゃんがいるんだよ~と伝えてから少しして、こんな事を言うようになりました。

image

赤ちゃんになっちゃったそうで、
甘えたような、困ったような顔をしながらアピールしてきます。

image

このモードに入ったときは、普通に娘の名前を呼ぶと「ちがうの、赤ちゃんなの」と訂正されます。ついでに私のことも普段は「ママ」呼びなのに「おかあしゃん」と呼んできます。
そして横向きの抱っこをねだったり、ハイハイしたり、泣き真似をしたりします。

娘の中の「赤ちゃんってこういう感じ」というイメージを元に真似っこしてるような印象なのですが、普段の遊びの中でする「ウサギの真似!ピョンピョン!」みたいなやつより数段ガチななりきりだし日に何度もあるので、これも赤ちゃん返りなのかも?と思ったり。

でも赤ちゃんに興味を持ってくれてる感じがして嬉しいし、二人目が生まれるまではいくらでも付き合ってやるぜー!って思ってます。いや正直生まれる前には落ち着いて欲しいです。

image

スーパーで赤ちゃんになられちゃうのも大変なので。
抱っこしながらカート押すのきついです。

ご無沙汰していますこたきです。
早いものでもう妊娠7ヶ月です~。

前回の投稿から三週間、まだ性別は判明してません。
頑なにお股を死守していて…。

男の子だったら来年用の夏物を今年のセールで買っておきたいのでそろそろご開帳して欲しいところです。


そんな今日この頃ですが、ちょうど娘に赤ちゃんがいることを告げてから一ヶ月が過ぎます。
なかなか話すタイミングがつかめず6ヶ月過ぎまで伝えられませんでした。

image

「伝えたら娘だけのママじゃなくなってしまう…」という悲劇のヒロイン的な感傷と「あと一ヶ月成長を待てば赤ちゃんに対する理解力が全然ちがうはず…」という思惑が心中入り交じっていました。

また、そろそろ話そうかな…と言う気になっても娘の機嫌が悪かったり、遊びに夢中になっていたり眠そうだったりでなかなか「今だ!」と言うシチュエーションにならなかったりもしました。

image


image


image

切り出すのはけっこう緊張しました。
伝わったのか分かりませんが「へ~」と軽く返事をして、お腹に入ってるものを教えてくれる娘。

image

そしてまさかの執刀宣言。

そうくるかー!とびっくりしました。
普通分娩の予定ですがもしもの時は医師免許のある人に手術お願いしたいです。

そしてその後は特にその話題に触れず、すんなり会話が終わって「こんなもんか」と拍子抜けしました。でもその後帰宅した夫に「ママのぽんぽん赤ちゃんいるんだって~!」と話すのを見て、ちゃんと覚えてる!分かってる!と嬉しく思いました。

一ヶ月経った今はその時より状況がよく分かってきたようです。

image


image


娘占いではお腹の赤ちゃんは女の子だそう。

最近、もしかしてこれも赤ちゃん返りなのかな?と言うような言動が出てきたのでそれについても今度書きたいと思います。

↑このページのトップヘ