こんにちは、こたきです。 先日、小学校からの付き合いの友人に初めての赤ちゃんが産まれまして。

とても嬉しくて早速会いに行ってきました。

1533086202501

夏生まれの赤ちゃんの薄着っぷりは最高ですね!
手足のかよわいこと!全長の短いこと!


その後にこんなツイートをしたんですけどね↓

  Screenshot_20180801-063145
(リンク貼ってあります)


ガンガン寄せられる
「私も子供との自然な写真が全然ない」という声。


中には「3人子供がいるのに全然ない…」みたいな話もあり、『えっ…行く?今から私写真取りに行く??』って思いにさせられました。
夫と子供の写真は沢山あるのにって方も多かったですね。すごく分かる。


ちょっと切なくなってしまったので、私の独断と偏見による、世のパパへ向けた『こんな母と子の写真を撮ったらいいんじゃない?』ネタを書いてみました。


1.自然な写真を撮るべし

自然って何?って思うかもしれませんが、つまるところ自撮りじゃ撮れない非カメラ目線の写真が欲しい。

例えば、

1533086637617

こんな感じとか、

1533087396315

こんな感じとか。


極端な話、

「子のお世話している」
「手繋いで歩いている」
「公園で一緒に遊んでいる」

私なんかはこの3つのシーンの写真が、子供が3歳になるまで半年おきに1枚ずつ撮られていたら満たされるかもしれません。

カメラ目線のイベントやお出掛け時の記念写真も勿論嬉しいけど、子供と自分が過ごした自然な日常の記録って意外と貴重なんですよね。

スマホでパシャーで十分なので、ふとした時に撮ってみてもらいたいです。


2.撮る角度も重要

産後~子供が3歳くらいまでのご家庭を想定して書いてるんですが、その時期のママさんは、身支度が100%バッチリではない事がほとんどだと思います。

ノーメイクだとか、部屋着もしくは動きやすさ重視の服装だとか、子供にあわせて過ごしてます。勿論それはそれでいいんです。

なので、そこが目立たないよう

1533086969043

こんな感じの斜め後ろからの、横顔や伏し目にしているさりげない写真があったら嬉しいはず。カメラ目線でポーズを取るのが苦手だから写真を撮ってほしくない、って方も角度を工夫したら大丈夫かもしれません。


3.適度な生活感

これはちょっと難しいかつプラスアルファな要素ではあるんですが、結論から言うと「親や友達、成長した子供に見せられる写真」が欲しいよねって気持ちです。

1533087747804

子供といるととにかく部屋が散らかるんですが、それも振り返ってみると思い出ではあります。子供のオモチャやお世話グッズが散乱してるのも味わい深いものです。

でも、床に落ちた下着が写ってる写真は姑や父親に見せられないんですよ。

赤ちゃんを抱えて大股開きになっていたり、伸びた襟元から胸元が見えすぎていると言うのもあるあるです。

1533088092820

その辺をフォローするように背景を少し気にしたり、撮る角度をちょっと工夫してくれたら最高にありがたいです。まあこの辺の感覚は人によりますけど。


最後に、撮って欲しいお母さん向けのメッセージになるんですが、具体的にこのショットが欲しい!ってリクエストしたり、「親子写真」とかで検索して出た素敵な写真を見せてイメージを伝えたり、「今日はそういう日だから」と割りきって撮影会みたいにすると楽しいです。その場その場で撮って欲しいって頼むのも魂削れるんですよね。事前に伝えておくのも手です。


まあそんなお膳立てしなくても撮って欲しいんですけどね!私は時々セルフタイマー駆使して自撮りしてるので、今度それについても語りたいと思います。

LINEスタンプあります

Screenshot_20180802-203716

LINEスタンプ
ランキング参加しています。
ランキング
クリックして頂けると喜び。

ライン登録
LINEで更新通知が受け取れます。

Twitterつぶやいてます。