かわいいちゃんとのぼちぼち日記

2015年3月生まれの娘との日常をぼちぼち書き留めたいと思っています。 Twitterもやってます→https://twitter.com/kokokotaki913

おはようございます。こたきです。
毎日気温が上がったり下がったりしてますが、確実に暑くなってきていますね。

暑い季節になると毎年、車と子どもに関係するつらいニュースが流れます。

もう今の時期から起こりうる事故だと思うので、気を引き締めて車の利用をしたいと思います。

というのもこの間の週末、すこしヒヤッとすることがありました。

野菜の直売所に行って買い物を済ませ車に戻る時。日差しが強く、4月にしては暑い日でした。

1524701973199

1524701968957

「えっ」と思って数メートル引き返すと、エンジンのかかっていない車のチャイルドシートで赤ちゃんが泣いています。次女と同じくらいに見えました。

1524701964188

ぐずっていると言うより所謂ギャン泣きで、窓も数センチ開いているだけで「もしかしてとても暑いのでは」と心配になりました。

大して大きくもない野菜の直売所でしたが駐車場は広く(田舎)、店舗までは距離があります。

本当はすぐ行動すべきだったのかもしれませんが、今にも親が買い物を済ませて戻るんじゃないかと思うと店員さんを呼んでいいものか迷ってしまいました。

結果、どうしようどうしようと赤ちゃんの様子を伺うことしか出来ず、その2~3分の間で車の持ち主が戻ってきてくれました。

小走りで戻ってきた方に

「この車の方ですか、ああよかった」

と言ってそのまま自分達の車に戻ったのでその後のことは分かりません。慌てることしか出来なかったです。そもそも本当に車の中が暑かったかも分かりません。赤ちゃんも、オムツ漏れで泣いていたのかもしれません。

でも、ああもうそんな季節だ。と思ってしまいました。


冬なら?とかエンジンかけて冷房つけてチャイルドロックかけたら?とか○分なら?○メートル離れるだけなら?とか、状況によってグレーゾーンは幅広くあります。寝ている子供を置いて、ちょっとだけスーパーに行けたら…って気持ちは痛いほど分かります。

私は子育てにおいてはベストを尽くさなくてもいいと思っていて、その場その場でベターな選択を重ねていくのが結果的に最良で、そのためには自分のことも甘やかしていくべきだと思っています。

でも、命に関わるところだけは譲っちゃいけないなと再確認しました。
皆さんもこのゴールデンウィーク、どうかどうかお身体に気をつけて楽しんでください。

こたき


こんばんは、こたきです。
昨日はピープルさんの新商品お披露目会にお邪魔してきました~素敵なママさんに囲まれてアウェイ感が半端じゃなかったけど楽しかったです。機会があれば別で書こうと思っています。

折角の都内なのでTwitterでお世話になっているユーラシアさんにお声がけして時間をつくってもらいました。

1524298141807

(イラストは自画像に従っています)


久しぶりにお会いしたユーラシアさんは以前よりシュッとして見えたんですがいきなり『痩せました?』と聞くのも失礼かと思って

『ユーラシアさん背伸びましたか?』


と訊ねたら(くっそばか)


『そうですね、1ヶ月に一センチくらい』

とサラっと返ってきて驚愕。

息子さんの話だと勘違いさせてしまいましたよ。
遠回しに聞くの下手くそすぎました。

身長は変わらずだそうなので(当たり前)詳しく伺ったらけっ…こうな減量をしてらして会って早々尊敬の念を抱きました。


それにしても、○○日の何時頃ここに行くんですけどご予定いかがですかって言うピンポイントなお誘いだったにも関わらず空いていて遊んでもらえてラッキーでした~1年10ヶ月ぶりくらい?だったので息子さんはしっかり大きくなってるし、私も赤子増えてるしで時間の流れを感じます。

幼稚園後の長女は家族に預けていたこともあり、一緒に過ごせたのは3時間くらいでしたが楽しかったです。
下町をうろうろして、カフェでお茶して、公園行って、買い物して…あっという間でした…

1524297652332

久しぶりに会う息子さんがすごく可愛くてやたら馴れ馴れしく構う私。
でもそんな唐突に現れた赤子連れの主婦にも優しくしてくれる息子さん。

1524297571546

横断歩道で100%手を挙げて渡るのがたまらなくて、私まで張り切って手を挙げてしまいました。

私の行きたい場所に合わせてもらったので、後半ちょっと疲れた息子さんが「○○したいよ~」とユーラシアさんの足にしがみついたりしていましたが、よその、しかも普段Twitterで親しんでいるお子さんのイヤイヤなんて可愛いばかりですね。

1524298855009

蔵前の辺りをうろついたんですが、子連れだし買い物は難しいだろうな~と思っていたのに通りかかったお店で次女のハーフバースデー用の飾りを買えて我が上京に一片の悔いなしって感じです。

子育てから趣味の話まで色々おしゃべりしたんですが、電子書籍を利用してるとコミックの背表紙を目にしないから出版社や作者名を覚えられない…って話をしたら共感してもらえたのが嬉しかったです。

そして!

お土産にこんな絵本を頂きました。

18-04-21-17-04-31-884_deco

まえをけいこ。さん作
おりぼんちゃん

「サイン本なんです~」と渡してもらったので、そんな貴重なものを!と感謝しつつも『女の子が長女に似てるなあ』と嬉しく思っていたら、帰宅してサインを見てまたびっくり

18-04-21-17-07-47-291_deco

長女と次女の名前入りのサインをもらって下さっていて…しかもイラストまで…我が家の宝が増えました。

1524297505322

寝る前に早速読み聞かせてみたら絵も内容も可愛くてとてもよかったです。本当にありがとうございます。

余談ですが、奥付けのこんな注意書きに好感度マシマシでした。2005年にこんな事書けちゃうって凄くないですか。

18-04-21-17-54-34-473_deco


話が前後しますが、カフェで次女を抱っこして「フワフワー!」と可愛がってもらえてよかったです。今度は長女と息子さんが遊ぶところを見たいなあ。

ユーラシアさんのブログ↓
69a6029b



こたき






おはようございます、こたきです。

最近Twitterで『経産婦が教える本に載ってないけど産後にガチで必要だったアイテム』ってタグをよく見かけます。

熱い魂を感じるネーミングですね。

『あの日の自分に伝えたい』的な気持ちになってつい熱がこもるの分かります。


私もあります。


長女の時に使わず苦労したアイテム。


産後しばらくしてから導入して、

『もっと早く使えばよかった!!!

と後悔したアレ…何かと言うと、


1523918697252


無洗米!!!


理由は沢山ありますが、

とりあえず、

産後はお米を研ぐ時間も惜しかった。

でも米食べたい。

赤ちゃんはお米を研ぐ間にも泣くし、首が据わってない赤ちゃんを抱きながら米は研げません。

5分足らずだし、そのくらい泣いても赤ちゃんには影響ないけれど、産後の母親の脳には赤ちゃんの泣き声ってすごく響きます。ソワソワしながら『急がなきゃ~』と研ぐことになります。これが結構しんどくて。

私はお釜に入れた水の揺れが止まって水加減をきちんと確認する時間も待てず、ビミョーな柔らかさのご飯になったことが何度もあります。研ぎ足らなくてビミョーな仕上がりになったりも。


そんな時、無洗米なら水加減するだけ!


水に触らないから手も冷えないし、赤ちゃんの首が据わりかけていれば、十分に気を付ける必要はあるけど抱っこしながらでも米が炊けます。

無洗米ありがとう!ありがとう!
 
●ちなみに無洗米は値段が高い気がするけど、糠の付着がない分、同じキロ数でもお米自体の量が多く別に割高ではないそうです。

●栄養が少ないんじゃ?ってイメージもあるけど炭水化物、タンパク質の量は普通のお米と変わらず、寧ろ水で研がない分無洗米の方が水溶性の栄養が多く含まれるそうです。もっと気を遣うなら栄養豊富な胚芽米や金芽米の無洗米もあります。

●ただ、糠の付着がない分同じカップで計ると無洗米の方がお米が多くなるので、普通のお米より水を多めにして炊くことが肝心みたいです。

●この時水が白く濁るから本当に大丈夫?と思うけど、これは糠じゃなくてお米に含まれてるデンプンの色とのことです。


ちなみに私は↑のどれも気にしないで無洗米を使ってたんですが、おすすめするに当たって私の中のコメンテーターが「でも無洗米って○○なんじゃ?」とうるさいので、今検索して知りました。なので『そうです』『みたいです』と伝聞ばかりでスミマセン。

1523918691764

無洗米についてばかり語ってしまいましたが、産後って湯船に浸かれないし熟睡できないし身体はボロボロだし地味にしんどいので、ストレスの芽は潰すに限ります。寧ろ妊娠中から手間の削減しながら産後に備えて過ごしてもらいたいです。

可能なら無洗米の導入と言わず、実家に頼ったり、宅配弁当を利用したり、旦那さんに任せるのも最高ですね。

とは言え産後ほど白米が美味しい時期はないので、この機会にご飯をたらふく食べたらいいと思います。

こたきでした。


 

↑このページのトップヘ