かわいいちゃんとのぼちぼち日記

2015年3月生まれの長女、2017年10月生まれの次女との日常をぼちぼち書き留めたいと思っています。 Twitterもやってます→https://twitter.com/kokokotaki913

おはようございます、こたきです。

ピアノを習いたいと言われた話の続き。

早速ピアノ教室を探し始めた私。

こういう時のスピード感は自分でも引くほどなので、「教室を探そう」と決めた日の翌朝には大手のピアノ教室が運営するリンク集から一番条件が合っているお教室に体験レッスンの申し込みをしていました。

pp1

条件と言いつつも最初はあまり具体的にイメージできなかったので、
先日の記事にも出てきた◯ちゃんが通っている、幼稚園を間借りして行われているピアノレッスンを引き合いに出して比べて考えました。

pp2

お月謝、安ければいいってもんじゃないですが親子で初心者(私は幼稚園時代に2年習っただけ)なので先生のピアノの技術は正直あまりわからない…もしかすると他にも習い事をする日が来るかもしれないし、最初の条件としては上限6000円くらいを希望。すんっっごく素敵でここしかない!ってお教室を見つけちゃったらまた話は変わるけど。

それと家からそう遠くない(車で15分圏内)距離。

それで探すと、冒頭で体験を申し込んだと書いたお教室がヒットしました。
家から車で10分かかるかどうか程度の場所、お月謝も月5000円。
あまり近すぎても不便があるかもしれないし、候補としてはまずまずです。


私は「よーしどんどん行くぞ!」と勢いづきました。
長女のためにもいくつかピアノ教室を見て回ってその中から娘に合う先生の所に通わせてあげたい。

検索、検索、検索…

………あれ???

pp3

全然検索にヒットしない!!!!


次回、「ピアノ教室は一体どこに?リアル口コミで探すの巻」



ランキング参加しています。
ランキング
クリックして頂けると喜び。

ライン登録
LINEで更新通知が受け取れます。

Twitterつぶやいてます。

LINEスタンプあります
LINEスタンプ

こんにちは、こたきです。
お久しぶりの更新です。

ツイッターを見てくださっている方はご存知かと思いますが、
ここ数週間、長女を通わせるピアノ教室を探しておりました。

ようやく一段落したので、経緯や教室の探し方、決め手などを書いていこうと思います。
いや〜無事にお教室が決まってよかった〜〜


ピアノを習わせようとしたのは、長女が言った一言がきっかけ。

p1

3歳の誕生日に祖母に買ってもらったカワイのミニピアノで遊びながらそんなことを言われました。

お友達みたいに両手でピアノが弾いてみたいと。

私的には「やっぱりね」という感じ。
何故かというと、先日その◯ちゃんのお家に遊びに行った時、◯ちゃんが両手で華麗にチューリップを弾いて聴かせてくれたから。


p2

長女、その時ものすごく驚いた顔してたんですよね。
ぽかーーんと。

そのお友達は同じクラスだけど4月生まれで、3月生まれのうちの長女とはほぼ一年ちがい。
(3月生まれと4月生まれって同学年でもおなかにいる期間かぶってないんですよね。すごい。)

年少の時からピアノを習い始めてもう一年になります。
なので私は普通に「もうこんなに弾けるんだ〜すごいな〜」と思っていたんですが、生まれ月なんて長女的には関係ありません。

クラスのお友達が幼稚園の先生のように両手でピアノを弾く姿は相当インパクトあったようです。
今までも何回か「◯ちゃんと一緒に遊びたいからピアノならいたい」的に頼まれたことはあったのですが、その時とは違う熱意というかなんというかを感じました。

その頃ちょうど私としても、長女も4歳になって多少落ち着きが出てきたことだし、
そろそろ何か習い事をさせてみようかと思っていたところで

p3

ただ、私的にはピアノはあまり有力候補ではなかったんですけどね。
ダンスや逆上がりが得意だから運動系のイメージ。

でも長女のやりたいものにチャレンジさせたいなと思い、夫にも相談して意見が合致。

p4

続きます
私こういうの探すの大好きで!
大変だけどやりがいを感じてとても楽しい数週間でした…。


ランキング参加しています。
ランキング
クリックして頂けると喜び。

ライン登録
LINEで更新通知が受け取れます。

Twitterつぶやいてます。

LINEスタンプあります
LINEスタンプ

おはようございます、こたきです。

タイトルのとおり昨日の昼間、一人で出かけていたら迷子に出くわしました。

m1

その子は5歳くらいの男の子で、いくつかの店舗が隣り合っている複合型商業施設の出入り口沿いの通路を行ったり来たりしていました。

m3

m2

少し強ばった、見ようによっては不機嫌そうな顔で歩いているので最初は少し先を歩いてる大人が保護者なのかな?叱られた?」と思いましたが、追いつく様子もなく少し歩いては引き返し、行ったり来たりしているので気になりました。

何より縁石を越えてすぐそこは駐車場。
普通こんな所に子どもを一人にしません。

『どちらにせよちょっと危ない』と
とりあえず声をかけてみたら、

m4

「こんにちは」と言いかけた所で被せるように

「ママいなくなっちゃった…」と言われました。

やっぱり迷子!

男の子の顔が一瞬でくしゃっと泣きそうになったので胸が痛みました。


少しでもホッとさせたくて、

「大丈夫だよ、お母さん見つけようね」

「お店の人に聞いて探してもらおう」

「おしりたんていって知ってる?」

などと話しかけてみるも、返事は一切なし。


強引にならないようそっと促しながら
一番近くだった本屋に連れて入ると、

m5

無事合流。

よかった!

私が声をかけてから3分もたってないはず。

m6

開け方が分かっていてもボタンに手が届いても、親とはぐれて混乱してる時に開けるのは難しいのかもしれません。

男の子も怖かっただろうし、
『もし私を不審がって駐車場に飛び出しでもしたら』と内心ヒヤヒヤだったのでいい子に着いてきてくれて本当によかったです。


それにしてもその男の子、一瞬泣きそうになったものの涙は一粒もこぼしませんでした。

もしはぐれてすぐに大声で泣いていたら親御さんも見つけられただろうし、周囲も手助けしやすいけど、4~5歳にもなれば身近な場所で親とはぐれて即泣く子は多くないのかもと思いました。不安で足早になるし、それでどんどん保護者から離れていってしまう。

m7
1556396999241

その子は泣かなかったけど、不安か警戒か「ママいなくなっちゃった」以外は一言もしゃべりませんでした。

4歳になったばかりの長女だって、家族や幼稚園の先生、スーパーの女性の店員さんとは笑顔でおしゃべりできるけれど、例えば『あまり会わないのにグイグイくる親戚のおじさん』の前では石像のようになります。こどもの発揮できるパフォーマンスってその時の状況で大きく変わりますよね。

自分の前ではやんちゃで明るくおしゃべりでも、いつでもそう振る舞えるとは限らないんだなと再確認しました。

人のふり見て我がふり直せではありませんが、
私も最近外出先で長女と手を離して歩く時間ができてきました。
気を引き締めて対策をしていこうと思います。

最後になりますが、あの男の子が昨日の迷子のことなんかすっっっかり忘れて楽しいゴールデンウィークを過ごせますように!

ランキング参加しています。
ランキング
クリックして頂けると喜び。

ライン登録
LINEで更新通知が受け取れます。

Twitterつぶやいてます。

LINEスタンプあります
LINEスタンプ